研究員紹介

副所長 西江麻由美
東京造形大学デザイン科卒業後、デザイン会社に約3年勤務し、長女の出産を機に退社。1年間は育児に専念していたが、子どもの危険回避研究所サイトがインターネットでオープンする際のスタッフとなり、1999年、研究所の副所長となる。3女児の母。2004~2010年には、主に小学校PTA対象に講演を実施。同研究所所長:横矢の著書に編集協力。

*社団法人 日本教育工学振興会(JAPET) リサーチアシスタント研究員(~2011)
独立行政法人科学技術振興機構・社会技術研究開発センター「犯罪からの子どもの安全」
平成19年度採択プロジェクトメンバー

研究員 原田あやめ (たまきた研究室)
武蔵村山・東大和・東村山・小平の地域情報誌『たまきたPAPER』編集長。http://tamakita.com/
同誌内で「子どもの危険回避研究所 たまきた研究室」を開室し、子ども研究員と横矢所長、芦川研究員と一緒に安全チェックをしながら街を歩いて「子ども研究員のまちあるき」記事を掲載。

学生研究員 芦川薫
現在、先生を目指して勉強している大学生。
社会人でも子どもでもない立場で、子どもと大人どちらの目線にも立って考え、「押しつけ」じゃない、子ども自身が楽しんで、自分の安全について考えられる活動が出来ることを目指す。