所長プロフィール

所長 横矢真理

1983年 日本大学芸術学部放送学科卒。(株)リクルートを結婚退職後、平成2年より、主婦の立場を生かした考現学的商品研究とともに、子どもを取り巻く危険や環境に関する研究に携わる。「抗菌防臭靴下についての研究」「子ども用サバイバルスーツの提案」「校内履きを見直す」などの研究で、商品科学研究所他より受賞。

平成11年より、「親子で生きる力を養う」ためのサイト「子どもの危険回避研究所」を主宰・運営し、子どもに関わる事故・犯罪・災害・虐待・環境問題などの情報を提供。全国各地での講演活動、新聞・雑誌への寄稿など、幅広いフィールドで「生活安全教育」の普及活動を続けている。

・東京大学生産技術研究所 目黒研究室(都市震災軽減工学) 研究員

・東京都 『福祉のまちづくり推進協議会』委員(2003/5~)

・消費者庁 『消費者安全調査委員会』臨時委員(2014/10~)

・内閣府 消費者委員会 『消費者安全専門調査会』 委員(2010/3~2013)

・消費者庁 『製品事故情報検討会』 委員(2012/6~2014)

・港区 生活安全行動計画策定会議 会長(2011/6~2012/)

・内閣府 消費者委員会 製品事故情報の公表等に関する調査会 委員(2010/4~2012/3)

・港区 教育委員会委員 (2008年7月まで1期:4年)

・警察政策学会犯罪予防法制研究部会『これからの安全・安心研究会』委員 (2012/6~)

・新宿警察署協議会委員(2011/6~2014/5)

・経済産業省 キッズデザイン製品開発支援事業

   『情報共有システム整備委員会』並びに『研修ツール作成委員会』 委員

   (2011年8月~2012年3月)産総研・キッズデザイン協議会 受託

・経済産業省「平成23年度事故情報の評価・分析及び事故防止モニタリング(事故情報の評価・分析事業)」事業

   『福祉及び乳幼児用製品の事故防止対策等検討委員会』委員

   (2011年8月~2012年3月)(独)製品評価技術基盤機構製品安全センター 受託

・科学技術振興機構「系統的な『防犯学習教材』研究開発・実践プロジェクト研究員 (2007年10月~2009年1月)

・日本規格協会 ライターJIS原案作成委員会(経済産業省)(2010/5~)

・(財)社会安全研究財団 『子どもに対する被害防止教育に関する調査研究会』委員

・経済産業省 『子どもの遊具・服装に関する安全規格原案作成委員会』委員

・東京都 『商品等の安全問題に関する協議会』委員

・東京都 『子どもの事故予防ソフト作成検討会』委員

・文部科学省 『学校への不審者侵入時・通学路における事件発生時の危機管理マニュアル作成』執筆協力者

・文部科学省 『地域で子どもを見守る全国ネットワークシステム検討会』委員

・東京消防庁 『児童に対する防火防災教育の推進に係る検討委員会』委員

・東京消防庁 『子供の事故防止対策検討委員会』委員 (~2006年3月)

・東京消防庁『エスカレーターに係る事故防止対策検討委員会』委員(~2005年3月)

・こども国連環境会議推進協会 実行委員会 委員

 (JUNECフォーラム2005 プレセミナー実行委員会 委員) (~2005年8月)

・国土交通省・経済産業省『自動回転ドアの事故防止対策に関する検討会』  委員(2004年4月~6月)



Twitter